クラスTシャツを作る時のポイント

クラスTシャツを作る時のポイント

『クラスTシャツを作る』

「クラスTシャツを作ろう!」と思っても、ただザックリとそう思っているだけでは、色々分からない事もあると思います。一体どんな事に気を付けたら良いのか、どうした方が良いのか等、自分でTシャツ作りについて少し分かっていると、検討したり考える時の参考になりますよね。
今回は、Tシャツを作る時のアドバイス、クラスTシャツを依頼する会社選び、実際の活用例等をご紹介していきたいと思います。

『クラスTシャツを作る時のアドバイス』

学校で毎年行われる学校祭・体育祭・文化祭、地域で開催される催し事に学校のクラスで参加する、学校の卒業記念品を作る等、クラスTシャツは色々な用途で作られています。そんなクラスTシャツ作りで一番重要となるのは、何といっても”デザイン”ですよね。折角オリジナルの物を作るのですから、今しか出せない「クラスの個性が象徴されているデザイン」がおススメです。クラスTシャツはデザインの制限が無いので、自分達でデザインを好きなように決定出来ます。シンプルなデザインでも構いませんし、斬新なデザインを取り入れてもOKです。
利益が生じる目的として活用する訳では無いので、基本的に著作権に関する問題もありません。しかし、自分が作成したクラスTシャツをどういったシーンで使うのか、と言う事はちゃんと考えておきましょうね。
例えば・・・
【活用する場】
学校祭・文化祭・体育祭で活用する場合
 ⇨基本的には自由なデザインで大丈夫です。
クラス単位でボランティアスタッフとして活用する場合
 ⇨その場に合った良識のあるデザインである事が大事になります。
また、予算面についてもちゃんとしておきましょう。一人当たりの予算に関して、前以って提示し皆からの合意を得ておくと、後々予算に関するトラブルも回避出来ますよね。予算の額によっては、Tシャツの素材の質を落とさなければならない場合も出てきます。またデザインに関しても、大きさのサイズ変更や数等を制限しないといけない可能性もあるかも知れません。
記念の品としてクラスTシャツはいつまでも残る物であるので、予算に余裕があるのであれば、少し上質な素材の物を選択しても良いでしょう。


学校関係者専門クラスTシャツ製作|ノーブル